人気アニソンシンガー・鈴木このみがマレーシアで歌い上げる
鈴木このみスペシャルライブ in Malaysia 開催決定!

~東南アジア最大級規模イベントに登場、生アニソンで魅せる~

鈴木このみスペシャルライブ in Malaysia の写真 1

国際交流基金(JF)は、2022年12月に人気アニソンシンガー・鈴木このみ氏によるコンサートをマレーシアのComic Fiesta及び在マレーシア日本国大使館と共催します。

マレーシアでは、日本の経験を学ぶことによって、マレーシアの社会経済の発展を目指す「東方政策」が採用されて今年で40周年となります。日本とマレーシアの友情を祝うべく、日本文化に関するさまざまなイベントが開催されています。本事業は、2012年に全国アニソングランプリで優勝し、15歳で歌手としてデビュー、今年でデビュー10周年を迎えた鈴木このみ氏を派遣し、東方政策40周年のハイライトを飾ります。

鈴木このみ氏は、デビュー以来さまざまなアニメ作品のタイアップを獲得し、多数のアニソンをリリースしながら人々の心に響く歌唱力と美しい歌声で、日本だけではなく世界のファンも魅了してきました。3年ぶりの開催となる東南アジア最大規模を誇るアニメイベント・Comic Fiestaで同氏のコンサートを実施することで、日本特有の文化であるアニソンの魅力を生で伝える機会とします。

本事業の様子は、JFの舞台公演オンライン配信プロジェクト「STAGE BEYOND BORDERS-Selection of Japanese performances‐」でも、2023年春から配信し、マレーシアのコンサートに立ち会えなかった世界中の人たちへ向けて当日の勢いを届ける予定です。

本事業を通じて、マレーシアと日本との交流がより一層活発化し、両国の絆強化に寄与することを期待します。

事業詳細

公演名 東方政策40周年記念「鈴木このみスペシャルライブ in Malaysia
日程 マレーシア時間2022年12月17日(土曜日)19時~
※2022年12月18日(日曜日)にはマレーシアのファンとの交流会を実施します。
会場 クアラルンプールコンベンションセンター(マレーシア)
出演 鈴木このみ
主催 国際交流基金(JF)
共催 40th LOOK EAST POLICY (LEP)のロゴComic Fiesta実行委員会、在マレーシア日本国大使館
入場方法 Comic Fiestaの入場券の購入が必要です。詳しくはComic Fiestaのホームページ(https://www.comicfiesta.org/)をご確認ください。

プロフィール

鈴木このみ

鈴木このみスペシャルライブ in Malaysia の写真 2

1996年11月5日生まれ、大阪府出身。
2011年、第5回全日本アニソングランプリ決勝大会でグランプリを獲得し、翌2012年に「CHOIR JAIL」で15歳でデビュー。
TVアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」オープニングテーマ「This game」、TVアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」のオープニングテーマ「Redo」など多くのTVアニメ主題歌を担当。2018年4月~放送のTVアニメ「LOST SONG」では、声優田村ゆかりとW主演声優を務め、オープニング主題歌「歌えばそこに君がいるから」も歌唱。2016年より4年連続Asia Tourも開催。上海、シンセン、香港、台湾、フィリピンにてワンマンライブを行う。
海外イベントにも多数出演し、アメリカ、カナダ、ブラジル、チリ、ペルー、ドイツ、中国、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、オーストラリアなどでパフォーマンスを披露。
2020年にはアニソンアーティスト初の1クールトリプルタイアップを獲得し3か月連続でシングルをリリース。2022年5月、5枚目のフルアルバム「ULTRA FLASH」をリリース。
2022年7月1日に株式会社115を立ち上げ代表取締役社長に就任と同時に、二度目となる日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブの開催を発表、無事成功を収める。
同年10月26日にはTVアニメ「恋愛フロップス」のオープニングテーマ「Love? Reason why!!」をリリース!

【オフィシャルサイト】
http://konomi-suzuki.net/
【twitter】
@Suzuki_Konomin


Comic Fiestaとは

Comic Fiestaの様子の写真 1Comic Fiestaの様子の写真 2Comic Fiestaの様子の写真 3

東南アジアで開催されるアニメーション・漫画・ゲームイベントの中で最も大きいフェスティバルの一つ。
漫画家、イラストレーター、コスプレイヤーなど、サブカルチャー関係者が多数集まり、マレーシアを代表するサブカルチャーフェスティバルとなっている。同フェスティバルはマレーシアでアニメーション・漫画・ゲームの文化を広めることを目的とし、2002年から実施。毎年12月に2日間にわたって開催され、2002年の第1回開催時の来場者は500名ほどだったが、2019年は来場者が65,000名に上るほど規模が拡大した。
しかし、新型コロナウイルスの影響により、2019年の開催を最後に、2020年から2021年の開催は見送った。
2022年は3年ぶりのリアルでの開催となるとともに同イベントの開催は今年で20回目となる。

【詳細】
https://www.comicfiesta.org/

[お問い合わせ]

国際交流基金(JF
文化事業部 舞台芸術チーム
担当:申、近藤
電話: 03-5369-6063
Eメール:pa@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角に変更してください。)

ページトップへ戻る