世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート)教師が足りない

キングサウード大学
米田 晃久

サウジ人教師の育成

サウジアラビアの日本語教師と聞いて、どんな教師を思い浮かべるでしょうか。日本の英語教育のことを考えてみると、様々な教師が思い浮かぶと思いますが、まずは日本人の英語教師、英語を母語とする国の教師を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

サウジアラビアではキングサウード大学(以下、KSU)が日本語を学べる唯一の教育機関です。日本語専攻には日本人教員2名、エジプト人教員2名がいます。サウジアラビア人の教員はいません。日本語専攻が設立されてから25年間、このような状況が続いています。言い換えると、KSUの日本語教育は、サウジアラビア外の教師によって行われてきました。歴代の国際交流基金の派遣日本語専門家は、サウジアラビア人の教員の育成、その先には日本語専攻の自立化を目標にしてきました。

現在、KSUの日本語専攻の卒業生で助手となった3名が博士号取得のため日本に留学中です。彼らが学位を取得し、大学に戻ってくると、念願のサウジアラビア人の教員が生まれることになります。これはサウジアラビアの日本語教育においては大きな前進です。また、日本語専攻の新入生も年々増えてきており、サウジアラビア人以外の教員も必要になってきています。

学生主催の懇親会の様子
学生主催の懇親会の様子

女性も学べるように

私はサウジアラビアに来て4年目になりますが、女性の日本語学習者に教えたことがありません。それはサウジアラビアに女性の日本語学習者がいないということではなく、文化的な事情で男性が女性に同じ教室で教えることが、好ましくないとされているためです。大学の他の授業でも基本的には同性の教員が教えることがほとんどです。キャンパスも男子部と女子部で分かれています。

上にも書いたように、KSUはサウジアラビアで唯一の日本語教育機関ですが、現状では男性しか学ぶことができません。残念ながら、女性が日本語を学べる教育機関はまだありません。しかし、日本文化関連イベントに行けば、日本語を話す女性に会うことがよくあります。どうやって日本語を勉強したのか聞いてみると、大学でサークルを作って勉強したり、アニメやマンガから独学で日本語を勉強しているという人が多いです。また、KSUには「日本語を勉強したいんだけど、どこで、どうやって勉強したらいいんですか」という問い合わせがよく来ます。

図書展で日本ブースに集まる女性たちの写真
図書展で日本ブースに集まる女性

学びたい人がいるのに教師や教育機関が少ないというのがサウジアラビアの日本語教育の現状です。最近は独習者のためのサイトやツールも増えてきて、サウジアラビアのような環境にいる学習者にとっては非常によい時代になりました。

一方で、教育機関で日本語を学びたいというニーズもあり、特に女性からのニーズは年々、高まっているように感じます。そのため民間の日本語学校を作りたいという話もよく聞くようになりました。しかし、学校を作るのに十分な教員が集まらず、実現していません。

サウジアラビアは今、大きく社会が変わろうとしています。長年、禁止されていた映画館が解禁になり、女性の自動車運転が認められるようになったことは日本でもニュースになったかと思います。女性の社会進出がこれまで以上に進み、彼女たちの興味関心や仕事のスキルとして外国語に注目が集まっています。日本語への関心もその一つだと思います。

サウジアラビアの日本語教育は、学習者の増加により、多くの教師を必要とする時期に入ると思います。近い将来、サウジアラビア人の教師だけでなく、アラビア語圏からの教師、そして日本人の教師、男女を問わずサウジアラビアの日本語教育に携わる人たちが増える日が来ることを望んでいます。その日までサウジアラビアで人材育成、今いる学習者のサポートをすることが私に課された課題だと考えています。

派遣先機関の情報
派遣先機関名称
King Saud University
派遣先機関の位置付け
及び業務内容
キング・サウード大学では1994年に日本語専攻課程が開設された。1998年には、それまでの3年制から予備教育期間を含めた5年制の課程となった。現在は4年制の課程となっている。日本語専攻課程は日本語学習を通じた全般的な異文化理解教育を目指している。カリキュラムは通訳や翻訳といった実務的かつ高度な運用能力を育成すべく、デザインされている。また、湾岸諸国で唯一、日本語専攻の学士号が取得できる教育機関であることから、湾岸諸国、アラブ諸国における日本語教育の中核を担う役割を期待されている。専門家は授業担当、カリキュラム・教材作成に対する支援、加えて研究への助言などを行う。
所在地 P.O.Box 87907, Riyadh 11652, Kingdom of Saudi Arabia
国際交流基金からの派遣者数 専門家:1名
日本語講座の所属学部、
学科名称
言語翻訳学部 近代言語学科 日本語専攻課程
日本語講座の概要
沿革
  講座(業務)開始年 1994年
  国際交流基金からの派遣開始年 1993年
 
コース種別
  専攻
 
現地教授スタッフ
  常勤4名(うち邦人2名)
学生の履修状況
  履修者の内訳 主専攻で1年生:18名、2年生:30名、3年生:12名
  学習の主な動機 日本への憧れ、留学、日系企業への就職
  卒業後の主な進路 日系企業や現地企業への就職、大使館勤務、留学
  卒業時の平均的な
日本語能力レベル
日本語能力試験N2を受験可能な程度
  日本への留学人数 なし

ページトップへ戻る