世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート)ミャンマーの日本語教育の新たな展開

ヤンゴン外国語大学
佐藤 直樹・國頭 あさひ

教師育成プログラムの開講

日本語学習者の増加や日本語学習熱の高まりを受けて、ミャンマーでも新しい教師育成事業がスタートしました。このプログラムによって、ミャンマー人の日本語の先生を集中的に育成することが期待されています。1期目となる今年は、ヤンゴン外国語大学の4年生と、民間日本語学校の現役教師または教師希望者を対象に開講しました。

教師育成プログラムのペアワークの様子
教師育成プログラムのペアワークの様子

このコースでは受講生の横の連携を意識しています。知識を与える暗記式の日本語教育から脱却するためにもグループワークやペアワークを多く取り入れ、コミュニケーションを重視した教育を実体験できるように工夫しています。はじめは肩に力が入っていた受講生たちも、次第に打ち解け合い、お互いの教育現場の相談相手のような関係性がつくられてきました。プログラムを通して、ミャンマーの教室で起きる問題をミャンマー人の教師が協力しあって議論し解決する道筋をつくれるよう、ヤンゴン外国語大学の担当講師とともに支援しています。

第10回ミャンマー日本語教師セミナー開催

このセミナーは毎年2回(春・秋)実施しており、国際交流基金(以下、JF)の日本語専門家(以下、専門家)のみならずミャンマー人日本語教師の発表も行っています。2019年春に開催したセミナーでは、JFの日本語教師訪日研修に参加したミャンマー人の先生に発表をお願いしました。浦和にある日本語国際センターで学んできた新しい語彙の教え方「語彙マッチングゲーム」をみんなで体験する活動を通し、聞くだけ、見るだけのセミナーではなく、一緒に考え一緒に体験できるセミナーとなりました。今後もミャンマー人日本語教師と一緒に作り上げるセミナーを展開していければと思っています。

日本語教師セミナー参加者の写真
日本語教師セミナー参加者(ヤンゴン)

日本語パートナーズの活躍

2014年に“日本語パートナーズ(NP)”派遣事業が開始され、ミャンマーへは2015年からNPが派遣されるようになりました。2018年5月から2019年3月まではミャンマーの第4期NPが、ヤンゴン外国語大学へ3名、マンダレー外国語大学へ2名派遣されました。

このNP事業により大きく変わったことは学生たちが直に日本人と触れ合えるようになったこと。これまでは「教科書の中に書いてあること」という知識だったのが、「日本人に教えてもらったこと」に変わったとある学生が言っていました。

派遣されるNPも20代から60代と年齢も経験も異なるため学生たちは多くのことを学ぶことができているようです。そして、それは一緒に日本語を教えるミャンマー人の日本語の先生たちも同じです。ビジネス日本語の教え方についての相談は社会経験の長いNPに、若者文化や若者言葉については若いNPに相談ができるため先生方も今まで以上に自信を持って教えることができると言います。

また、この大学では日本の年中行事や食べ物についてNPによる文化紹介も多く行われています。日本語の授業の中だけでなく、様々な形で日本を紹介してくれるNP活動は日本語学習者のモチベーションをぐんぐん上げてくれています。

派遣先機関の情報
派遣先機関名称 ヤンゴン外国語大学
Yangon University of Foreign Languages
派遣先機関の位置付け
及び業務内容
ヤンゴン外国語大学とマンダレー外国語大学は国内に二校しかない国立の外国語大学であり、この国の外国語教育の中枢機関である。2009年より新たに修士課程が開講し、上級専門家は主に修士課程での講義を担当している。同一カリキュラムで進行するマンダレー外国語大学のほうへは集中講義として月に一度ほど出講している。
2018年12月より教師育成プログラムがヤンゴン外国語大学でスタート。このコースは専門家と3名の現地講師で行っている。
所在地 No.119/131, University Avenue Road, Kamayut Township, Yangon, Myanmar
国際交流基金からの派遣者数 上級専門家:1名 専門家:1名 日本語パートナーズ:3名
日本語講座の所属学部、
学科名称
ヤンゴン外国語大学日本語学科
日本語講座の概要
沿革
  講座(業務)開始年 1964年
  国際交流基金からの派遣開始年 2013年
 
コース種別
  学部(4年間)、修士課程(3年間)
 
現地(日本語)教授スタッフ
  常勤20名(内、邦人0名)、非常勤0名(内、邦人0名)、基金派遣専門家2名+日本語パートナーズ3名
学生の履修状況
  履修者の内訳 1年113 2年126 3年135 4年111 修士7
  学習の主な動機 日系企業への就職
  卒業後の主な進路 日系企業への就職
  卒業時の平均的な
日本語能力レベル
JLPT N2程度
  日本への留学人数 年間5名以下

ページトップへ戻る