美術に見るマレーシアの今
マレーシア現代美術展
Today's Malaysia Seen Throught Art
Contemporary Malaysian Art

展覧会

マレーシア現代美術展のチラシ画像

マレーシアを代表する10人のアーティストを通してマレーシアの現代美術を概観した展覧会。海外留学を経て技術と知識を持ち帰った最初の世代に属し、作風とアート界での評価を確立した50代のアーティストによる作品を中心に27点が展示されました。傾向として見られた「欧米からの刺激のなかにありながら、明らかに、非ヨーロッパ的なアジアの精神構造」(中村英樹のカタログエッセイより)は、マレー系、中華系、インド系で構成される多民族国家の様相を観客に示唆しました。

データ
会期・会場
(東京)
1992年3月18日~4月5日
国際交流基金アセアン文化センター・ギャラリー
企画 マレーシア国立美術館 *National Art Gallery のこと
アーティスト アブドゥル・ラティフ・モヒディン、アハマッド・カリッド・ユソフ、アントニ・ロウ、チュン・チェン・スン、イブラヒム・フセイン、ジョセフ・タン、レッザ・ピヤダサ、シティ・ザイノン・イスマイル、スライマン・エサ、シェド・アハマッド・ビン・ジャマル
主催 国際交流基金アセアン文化センター
協力 マレーシア国立美術館

カタログ

マレーシア現代美術展のカタログ表紙画像

マレーシア現代美術展─美術に見るマレーシアの今
Mareshia gendai bijutsu ten—Bijutsu ni miru mareshia no ima
柿沼勉|カキヌマ ツトム [編]
Edited by Kakinuma Tsutomu

  • 出版地:出版者
    東京:国際交流基金アセアン文化センター
  • 発行年
    1992年
  • ページ数
    32p
  • サイズ
    30cm
  • 言語
    日本語 (jpn)、英語 (eng)
  • NCID
    BN1448297X

【目次】

p4 細やかな揺らめきを湛えて
中村英樹(美術評論家)
p7 マレーシア現代美術
レッザ・ピヤダサ(美術家、美術評論家、マラヤ大学東南アジア学部講師)
p14 図版
p27 作家略歴

ページトップへ戻る