【登壇者決定!】フランスは日本をどう観たか?
「ジャポニスム 2018:響きあう魂」
現代演劇シリーズを検証する

2018年7月よりフランス・パリを中心に開催されている大規模な複合型文化芸術イベント「ジャポニスム 2018:響きあう魂」では、「現代演劇シリーズ」と銘打ち、現代社会と呼応する作品を作り続けるアーティスト9名による舞台公演8作品およびリーディング2作品を上演しました。

絶え間なく情勢が変化する「今」を生きるフランスの観客の目に、彼らの作品はどのように映ったのでしょうか。そしてフランスでの上演は、日本の舞台芸術界に今後何をもたらすのでしょうか。

アーティスト自身がクリエーションの過程や作品の受容について振り返ると共に、現地で観劇した専門家やジャーナリストからの証言を交え報告します。

(c)KOS-CREA 『ワレワレのモロモロ ジュヌビリエ編』上演中の舞台の写真
岩井秀人構成・演出 『ワレワレのモロモロ ジュヌビリエ編』

概要
日時 2019年1月30日(水曜日)19時~21時(開場:18時30分)
会場
主催 国際交流基金、東京芸術劇場
協力 アンスティチュ・フランセ日本
言語 日本語・フランス語(日仏同時通訳付き)
登壇者
モデレーター:
藤井慎太郎 早稲田大学文学学術院教授
演劇研究者・ジャーナリスト:
クリストフ・トリオー(パリ第10ナンテール大学演劇学部教授、ドラマトゥルグ)
伊達なつめ(演劇ジャーナリスト)
徳永京子(演劇ジャーナリスト)
山口宏子(朝日新聞記者)
参加アーティスト:
岩井秀人(劇作家、演出家、俳優、劇団ハイバイ主宰。『ワレワレのモロモロ ジュヌビリエ編』にて参加)
岡田利規(演劇作家、小説家、チェルフィッチュ主宰。『三月の5日間』リクリエーション、『プラータナー:憑依のポートレート』にて参加)
松井周(劇作家、演出家、俳優、劇団サンプル主宰。『自慢の息子』にて参加)

(各欄50音順)

参加費 無料
お申し込み info_f1@jpf.go.jpに、お名前、ご所属先、人数をメールください。
定員になり次第締め切りとさせていただきます。

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)
お申し込みに関するお問い合わせ先

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
ジャポニスム事務局 舞台芸術チーム
担当:横山、篠原
電話:03-5369-6021
Eメール:info_f1@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る