2018年度 「国際交流基金賞」 受賞者決定
多和田葉子氏、細川俊夫氏、サラマンカ大学スペイン日本文化センター

2018年8月30日

国際交流基金が実施する2018年度「国際交流基金賞」の受賞者が、下記の通り決定しました。
「国際交流基金賞」は、1973年以降、毎年、学術や芸術などのさまざまな文化活動を通じて、日本と海外の相互理解促進に顕著な貢献があり、引き続き活躍が期待される個人または団体に対して授与します。第46回となる今年度は、内外各界の有識者及び一般公募により推薦のあった72件から、有識者による審査を経て3件が決定。10月に実施する授賞式で正賞(賞状)と副賞(300万円)を授与します。

2018年度 受賞者・団体

  • 多和田 葉子(小説家、詩人) [日本]
  • 細川 俊夫(作曲家) [日本]
  • サラマンカ大学スペイン日本文化センター [スペイン]

配信プレスリリース

事業ページ

お問い合わせ

取材に関するお問い合わせ:
国際交流基金 コミュニケーションセンター(広報担当:熊倉)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る