日本美術を海外で紹介する専門家を育成
~公益財団法人石橋財団と新事業を開始~

2018年9月20日

国際交流基金と公益財団法人石橋財団は、海外における日本美術の専門家の育成を目標とする新事業「現代美術キュレーター等交流事業」と「日本美術リサーチフェローシップ」を開始します。

配信プレスリリース

事業ページ

お問い合わせ

この件に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター
広報担当:熊倉
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る