会期変更のお知らせ「日本美術に見る動物の姿」展 

2019年3月26日

2018年9月13日のプレスリリース(No.2018-017)でお知らせしておりました「日本美術に見る動物の姿」展は、以下の通り会期を変更することとなりましたので、お知らせいたします。

【変更前】
2019年5月5日~7月28日 ナショナル・ギャラリー・オブ・アート(ワシントンDC)
2019年9月8日~12月8日 ロサンゼルス・カウンティ美術館
【変更後】
2019年6月2日~8月18日 ナショナル・ギャラリー・オブ・アート(ワシントンDC)
2019年9月22日~12月8日 ロサンゼルス・カウンティ美術館

本展は、2018 年7月~2019年2月のフランスにおける「ジャポニスム2018」に続き、日本文化を海外に向けて発信する取組みとして米国で実施される「Japan 2019」の一環として開催します。

詳細は配信プレスリリース【PDF:1,154KB】をご覧ください。

  • 草間彌生作品の画像
    草間彌生《SHO-CHAN
    2013年
    (c)YAYOI KUSAMA. Courtesy of Ota Fine
    Arts Tokyo/
    Singapore/Shanghai
  • 鳥獣人物戯画(部分)の画像
    小澤華嶽 《ちょうちょう踊り図屏風》
    江戸時代 19世紀
    細見美術館
  • 埴輪犬の写真
    《埴輪犬》
    古墳時代 6-7世紀
    ミホミュージアム
    (c)山崎兼慈

配信プレスリリース

事業ページ

お問い合わせ

この件に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(広報担当:熊倉、原田)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る