ジャポニスム 2018 公式企画 「【2.5 次元ミュージカル】"Pretty Guardian Sailor Moon" The Super Live
「美少女戦士セーラームーン」セーラー戦士、パリに参上!
フォトセッションイベント、パリ初公演が大好評のうちに終演

2018年11月7日

2018年7月よりパリを中心にフランスで開催中の日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響きあう魂」では、公式企画のひとつ、「【2.5次元ミュージカル】"Pretty Guardian Sailor Moon" The Super Live」を2018年11月3日(土曜日)・4日(日曜日)にパレ・デ・コングレ・ド・パリ大劇場にて上演、パリでの人気ぶりを見せました。

公演の様子の写真出演者の写真
※画像等オフィシャル写真をご掲載いただく場合は、必ず下記コピーライト表記の記載をお願い申し上げます。
(c)武内直子・PNP"Pretty Guardian Sailor Moon" The Super Live製作委員会

前日2日には、パリの日本文化会館でフォトセッションイベントを開催。登場した“Pretty Guardian Sailor Moon” The Super Liveのセーラー5戦士は、会場に詰めかけた多くの現地フランス人ファンの前でフォトセッションに応じました。イベントでは、開館前から現地フランス人のファンが列を作り、小さなお子様を含めた幅広いファンが集まる中、音楽とともにセーラー5戦士が登場、それぞれがポーズを決め、フランス語で自己紹介を行うと、会場からは大きな拍手が起こりました。そしてセーラー5戦士を代表して、セーラームーン/月野うさぎ役の夢宮加菜枝(ユメミヤカナエ)が、翌日からのパリ公演への意気込みを語っています。

3日・4日にパレ・デ・コングレ・ド・パリ大劇場で行われた公演では、パリ在住のセーラームーンファンは勿論、ヨーロッパ各地から多くのお客様が集結。開演すると、キャラクターの登場の度に大きな歓声が沸き上がり、ダンスパフォーマンスと映像や特殊効果の融合に酔いしれていました。ライブショーでは、1曲ごとに大きな歓声が沸き起こり、アンコールナンバーの「ムーンライト伝説」で熱狂はピークに!今回のパリ公演は、「美少女戦士セーラームーン25周年プロジェクト」として様々なプロジェクトが進行する中、世界中で愛される原作の魅力を活かした新たなパフォーマンスショーとして上演され、大盛況のうちに終演を迎えました。

事業ページ

配信プレスリリース

お問い合わせ

報道関係者からのお問い合わせ先:
(独)国際交流基金ジャポニスム事務局/ジャポニスム2018 PR事務局 株式会社サニーサイドアップ内
担当:浅野憲央(070-3190-3708)、川合遼星、松瀬恵子
住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷 4-23-5 JPR 千駄ヶ谷ビル
電話:03-6894-3201 ファックス:03-5413-3050
Eメール:japonismes2018@ssu.co.jp

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る