河瀨直美監督作品約40本をポンピドゥ・センターで一挙公開
河瀨映画の世界観を写真やインスタレーション、映像などで表現する特別展も同時開催

2018年11月20日

ジャポニスム2018:響きあう魂 公式企画 「河瀨直美監督特集 特別展・特集上映」
2018年11月23日(金曜日)~ 2019年1月6日(日曜日) 会場:ポンピドゥ・センター<フランス・パリ >
※河瀨監督や、『Vision』主演・ジュリエット・ビノシュ氏が登場する関連イベントも実施

2018年7月よりパリを中心にフランスで開催中の日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響きあう魂」では、約70の公式企画のひとつ、「河瀨直美監督特集 特別展・特集上映」を2018年11月23日~2019年1月6日まで、パリのポンピドゥ・センターで開催いたします。

ドキュメンタリー作品から劇映画『萌の朱雀』『殯の森』『2つ目の窓』『光』など映画作家としての国際的評価や東京2020オリンピック公式映画の監督就任等で一層の躍進が話題の河瀨直美監督。7月の「ジャポニスム2018」公式オープニングでは、記念事業として、パリのシネマテーク・フランセーズにて新作『Vision』の海外プレミア上映を行い、フランスの観客に熱く迎えられました。
その河瀨監督の半生を、インスタレーションによる特別展と河瀨映画作品の回顧上映会で追います。現代美術の殿堂、ポンピドゥ・センターからの熱い要望で企画が実現しました。
このたび、事業内容詳細および映画上映スケジュールが決定しましたので、特別展・上映会の見どころとともにお知らせいたします。

詳細は配信プレスリリース【PDF:788KB】をご覧ください。

事業ページ

配信プレスリリース

お問い合わせ

報道関係者からのお問い合わせ先:
(独)国際交流基金ジャポニスム事務局/ジャポニスム2018 PR事務局 株式会社サニーサイドアップ内
担当:浅野憲央(070-3190-3708)、川合遼星、松瀬恵子
住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷 4-23-5 JPR 千駄ヶ谷ビル
電話:03-6894-3201 ファックス:03-5413-3050
Eメール:japonismes2018@ssu.co.jp

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る