【ご報告】来日する外国人のための生活日本語を支援 「JF生活日本語Can-do」公開

2019年9月3日

国際交流基金は、新たな在留資格「特定技能」等で来日する外国人のための「JF生活日本語Can-do」を公開しました。

JF生活日本語Can-doとは?】 2018年に「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」が成立し、新たな在留資格「特定技能」が創設されました。この資格で来日する外国は、日本語能力として「ある程度日常会話ができ、生活に支障がない程度の能力を有する」ことが基本とされています。

このたび開発したJF生活日本語Can-doは、この「特定技能」の資格等で来日する人が、日本で生活する中で求められる基礎的なコミュニケーションを例示したものです。Can-doとは「~できる」の形で表された言語活動であり、JF生活日本語Can-doでは交通機関や店の利用、友人や同僚との会話等さまざまな場面でのコミュニケーションを想定したCan-doとして全部で381個を取り上げています(全Can-doは下記のウェブサイトでご覧いただけます)。

配信プレスリリース

事業ページ

お問い合わせ

この件に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(広報担当:熊倉、原田)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る