【ご報告】2019年度「国際交流基金地球市民賞」受賞団体決定
四日市市立西笹川中学校 多文化共生サークル(四日市市)、 特定非営利活動法人ハート・オブ・ゴールド(岡山市 ※岡山県初受賞)、 国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ実行委員会(那覇市)

2020年2月4日

国際交流基金は、1985年より国際文化交流を通じて日本と海外の市民同士の結びつきや連携を深め、知恵やアイディア・情報を交換し、ともに考える団体に対して「国際交流基金地球市民賞」(以下、地球市民賞)を贈呈しています。 このたび、第35回となる2019年度の受賞団体に、四日市市立西笹川中学校多文化共生サークル(四日市市)、特定非営利活動法人ハート・オブ・ゴールド(岡山市)、国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ実行委員会(那覇市)の3団体が決定しましたので、お知らせします。授賞式は3月9日、都内にて開催します。

2019年度受賞団体

※以下都道府県順、敬称略。

  • 四日市市立西笹川中学校 多文化共生サークル【三重県四日市市、代表:小林 正人】
  • 特定非営利活動法人ハート・オブ・ゴールド(岡山県初受賞)【岡山県岡山市、代表:有森 裕子】
  • 国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ実行委員会【沖縄県那覇市、代表:下山 久】

詳細は配信プレスリリース【PDF:1.1MB】をご覧ください。

2019年度受賞団体 四日市市立西笹川中学校 多文化共生サークルの活動の様子の写真 2019年度受賞団体 特定非営利活動法人ハート・オブ・ゴールの活動の様子の写真 2019年度受賞団体 国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ実行委員会の活動の様子の写真

<国際交流基金について>
国際交流基金は世界の全地域において、総合的に国際文化交流事業を実施する日本で唯一の専門機関です。1972年に外務省所管の特殊法人として設立され、2003年10月1日に独立行政法人となりました。海外に24か国・25の拠点を持ち、「日本の友人をふやし、世界との絆をはぐくむ」をミッションに掲げ、世界の人々と日本の人々の間でお互いの理解を深めるため、さまざまな企画や情報提供を通じて人と人との交流をつくりだしています。
国際交流基金の紹介

配信プレスリリース

事業ページ

お問い合わせ

この件に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(広報担当:熊倉、原田)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る