日露共同バレエ公演

ボリショイ劇場で長く唯一の外国人ソリストとして活躍し、2009年にはメドヴェージフ大統領から「友好勲章」を授与された岩田守弘氏が今夏で引退する。引退にあたり、ボリショイ劇場新館にて、岩田氏監修により、日露バレエ交流を振り返ると共に、そのさらなる進展のために、日本人バレエダンサー4名及びロシア人バレエダンサー15名が出演。岩田氏が振り付け、音楽を太鼓グループ「鼓童」が担当して日本をテーマに制作した作品「魂」等を上演するバレエの夕べを行い、国際交流基金は実施経費の一部を支援した。

日程
2012年7月17日
会場
モスクワ
主催
国際交流基金

岩田守弘氏 日露バレエ交流公演の写真
岩田守弘氏 日露バレエ交流公演

ページトップへ戻る