日本・ベルギー友好150周年記念 あの時みんな熱かった!アンフォルメルと日本の美術

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)では、パレ・デ・ボザール(ブリュッセル、ベルギー)において、1950年代初頭から60年代中頃にかけて、日本の美術界全体を席巻した表現主義的な動向を紹介する展覧会を開催します。

当時、日本において、激しい身振り(アクション)の痕跡や鮮烈な色彩、素材そのものの生々しい物質感を強調する“熱い”表現による作品は、洋画のみならず日本画や陶芸など日本独自の表現分野でも流行しました。

こうした表現主義的な作品58点を一堂に展示し、「西洋と東洋」「近代と伝統」「ローカルとグローバル」という、どの国にも存在する普遍的かつ今日的な問題を考察する機会を提供します。

  • 吉原治良《作品》の写真
    吉原治良《作品》1960年頃 京都国立近代美術館蔵
  • 森田子龍《底》の写真
    森田子龍《底》1955年 京都国立近代美術館蔵

概要

会期 2016年10月14日(金曜日)~2017年1月22日(日曜日) 
会場 パレ・デ・ボザール(ブリュッセル、ベルギー)
主催 国際交流基金、京都国立近代美術館、パレ・デ・ボザール
監修・キュレーター
  • 松原龍一氏(京都国立近代美術館学芸課長)
  • 平井章一氏(京都国立近代美術館主任研究員)
  • 小倉実子氏(京都国立近代美術館主任研究員)
  • Ms. Sophie Lauwers (Head of Exhibitions, center for Fine Arts,BOZAR)
協賛 全日本空輸株式会社
ロゴの画像
出品作家
  • Chapter1:麻生三郎・赤穴宏・荻太郎・正延正俊・三上誠・郭徳俊・伊藤久三郎・針生鎮郎・高瀬善明・伊藤隆康・末松正樹・三輪晁勢・猪原大華・佐藤敬・宮脇愛子
  • Chapter2:村井正誠・下村良之介・斎藤義重・辻晉堂・寺尾恍示・大野俶嵩・野村耕・小野忠弘・名合孝之・楠田信吾・岩田重義・野村久之
  • Chapter3:井上有一・森田子龍・比田井南谷・吉原治良・田淵安一・川端実・白髪一雄・村上三郎・堂本尚郎・今井俊満・鶴岡政男・難波田龍起・不動茂弥・河井寛次郎
  • Chapter4:岡本太郎・岡部嶺男・鈴木治・元永定正・松谷武判・山本敬輔・八木一夫・森野泰明・藤本能道・麻田脩二・久保金平

本展では、会期中一部展示替があります。

  • 展示風景_1の写真
    展示風景_1
    © Yannick Sas - BOZAR 2016
  • 展示風景_2の写真
    展示風景_2
    © Yannick Sas - BOZAR 2016
  • 展示風景_3の写真
    展示風景_3
    © Yannick Sas - BOZAR 2016

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
文化事業部 事業第2チーム
担当:徳山、鈴木
電話:03-5369-6063 ファックス:03-5369-6038
Eメール: arts2@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る