舞台芸術分野の助成プログラム「パフォーミング・アーツ・ジャパン(PAJ)」 2018-2019年度の募集について(米国・カナダ・欧州の文化芸術関連団体向け)

パフォーミング・アーツ・ジャパン(PAJ)は、北米(米国・カナダ)または欧州に本拠を置く文化芸術関連団体(フェスティバル、劇場、プレゼンター等)による日本の優れた舞台芸術作品を紹介する事業に対して、経費の一部を助成します。

日本国内の団体・個人からの申請は受け付けておりません。

1.プログラムの目的

  1. (1) 北米および欧州の芸術プレゼンターが、その域内でのネットワークを活用しつつ、非営利目的で広く日本の優れた舞台芸術を紹介する機会を促進する。
  2. (2) 北米および欧州において、大都市だけでなく、日本の舞台芸術に触れる機会が少ない地域にも日本の舞台芸術を紹介する。
  3. (3) 日本の舞台芸術に関する総合的理解を深めるためのワークショップなどの機会を、現地の舞台芸術専門家や一般市民へ提供する。
  4. (4) 日本と米国・カナダまたは欧州の舞台芸術家による共同制作を推進する。

2.プログラムの内容

米国・カナダおよび欧州の文化芸術関連団体による日本の優れた舞台芸術紹介事業に係る経費の一部を助成する。

  1. (1) ツアー部門
    北米および欧州において、複数の都市を巡回する優れた日本の舞台芸術の公演に係る経費の一部を助成する。特に、通常日本の舞台芸術に触れる機会の少ない、主要都市以外の地域に重点を置いた公演を優先する。
  2. (2) コラボレーション部門
    日本と米国・カナダまたは欧州の舞台芸術家による共同制作を推進し、巡回公演事業へ発展する可能性のある新たな作品の創作に係る経費の一部を助成する。

3.申請資格

北米:日本の優れた舞台芸術作品を紹介しようとする、米国またはカナダに本拠地を置く非営利法人(米国:法人格501(c)(3)を有する団体等、カナダ:CRAが認定するCharitable Statusを有する団体)
欧州:日本の優れた舞台芸術作品を紹介しようとする、欧州に本拠地を置く文化芸術関連団体(フェスティバル、劇場、文化機関、興行主、芸術団体等)

4.対象地域

対象地域一覧
北米 米国、カナダ
欧州 アルバニア、アンドラ、オーストリア、ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、チェコ、クロアチア、キプロス、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、コソボ、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マケドニア、マルタ、モルドバ、モナコ、モンテネグロ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、サンマリノ、セルビア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、英国、バチカン

5.対象事業

北米:
平成30(2018)年7月1日以降、平成31(2019)年6月30日までの間に実施される事業。
欧州:
平成30(2018)年4月1日以降、平成31(2019)年6月30日までの間に実施される事業。

文化芸術交流海外派遣助成プログラムや海外拠点の小規模助成等、他のプログラムにより既に基金から助成を受けている事業については、本プログラムによる助成を同時に受けることはできません。

6.申請締切

北米:
平成29(2017)年10月31日
欧州:
平成29(2017)年10月31日

7.募集要項および申請書

以下のホームページからダウンロード可能。

募集要項および申請書
PAJ北米 http://www.jfny.org/arts_and_culture/paj.html (ニューヨーク)
http://jftor.org/arts-and-culture/performing-arts-japan/ (トロント)
PAJ欧州 http://www.jpf.org.uk/artsandculture/funding.php (ロンドン)
その他、パリ・ローマ・ケルン・ブダペスト・マドリードの各ウェブサイトでも公開の予定です。

[お問い合わせ]

北米:
国際交流基金ニューヨーク日本文化センタートロント日本文化センター
欧州:
国際交流基金 在欧州拠点(ロンドンパリローマケルンブダペストマドリード。詳しくは募集要項をご覧ください)

ページトップへ戻る