第3回 次世代日本研究者協働研究ワークショップ

ワークショップの集合写真
主催:国際交流基金 日本研究・知的交流部 アジア・大洋州チーム(現:日本研究部 事業第1チーム)
協力:プログラムアドバイザー 東京大学東洋文化研究所 園田茂人教授

スケジュール

開催期間:2021年12月9日(木曜日)~2022年2月14日(月曜日)
(フェーズ1:計4回講義を隔週実施 2021年12月9日(木曜日)~2022年1月28日(金曜日))
(フェーズ2:計4日間 中間発表・交流会・最終発表等を実施 2022年2月9日(水曜日)~2022年2月14日(月曜日))

実施形式:オンライン(基金本部よりzoom配信)

クリックで拡大表示されます

スケジュール表
フェーズ1:講義(4回・隔週実施)
講義1:「学際研究の意義」
講義2:「『研究者』を考える 論文発表と出版」
講義3:「申請書の書き方と研究デザイン」
講義4:「研究内容 オリジナリティの見つけ方」、中間発表1

フェーズ2:ワークショップ(4日間)
1日目:振り返り、中間発表2
2日目:オンライン大学訪問・学生交流(東京大学)
3日目:座談会・ラウンドテーブル「研究者としてのキャリア」
4日目:最終発表会
【PDF:288KB】

ワークショップの様子

園田先生講義の様子の写真
園田先生講義の様子

「『研究者』を考える 論文発表と出版」講義の様子1の画像
「『研究者』を考える 論文発表と出版」講義の様子1

「『研究者』を考える 論文発表と出版」講義の様子2の画像
「『研究者』を考える 論文発表と出版」講義の様子2

「『研究者』を考える 論文発表と出版」質疑応答の画像
「『研究者』を考える 論文発表と出版」質疑応答

「研究内容 オリジナリティの見つけ方」講義後対談の画像
「研究内容 オリジナリティの見つけ方」講義後対談

グループワークの様子1の画像
グループワークの様子1

グループワークの様子2の画像
グループワークの様子2

『研究者のキャリア』講師の先生方の画像
『研究者のキャリア』講師の先生方

オンライン学生交流(東京大学)の画像
オンライン学生交流(東京大学)

中間発表の様子1の画像 「夏子」から「一葉」へ 女性が書いた女性史
中間発表の様子1

中間発表の様子2の画像 日本の文化的ソフトパワーを向上させる方法について
中間発表の様子2

参加者情報

【参加者の出身国・地域】計21名
中国:5名、台湾2名、韓国:2名、タイ:2名、フィリピン:2名、インドネシア:2名、ベトナム:1名、インド:5名

【参加者の所属機関】
北京外国語大学、南開大学、復旦大学、浙江工商大学、香港中文大学、台湾大学、高麗大学、タマサート大学、チュラロンコン大学、アテネオ・デ・マニラ大学、 フィリピン大学、インドネシア大学、ベトナム国家大学、ジャワハルラル・ネルー大学、 デリー大学、ビシュバハラティ大学

[お問い合わせ]

国際交流基金(JF
日本研究部 事業第1チーム
電話:03-5369-6070
Eメール:asiaoceania@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角に変更してください。)

ページトップへ戻る