中国の日本研究調査(2018)

2008年から2009年に実施された前回調査から約10年ぶりに、南開大学日本研究院(所在地:中国・天津市)は、中国の日本研究調査を実施しました。国際交流基金(JF)も本調査に協力しました。

この調査は中国大陸全土の日本研究学会・機関および日本研究者を対象とするもので、調査の結果、中国に118の日本研究に関する学会・機関、1,609名の日本研究者が存在することが確認され、前回調査結果(学会・機関:100、研究者:1,041名)からそれぞれ増加が見られました。

本調査の分析は、以下「分析報告1・2」をご覧ください。なお、本調査で収集した学会・機関のリストおよび日本研究者のリストは、個人情報保護の観点から非公開となっています。

調査概要南開大学日本研究院のウェブサイト〔中国語〕)
記事の日本語仮訳はこちら【PDF:597KB】

分析報告1(東京大学東洋文化研究所 園田茂人教授)

分析報告2(南開大学日本研究院 宋志勇教授、同 郭循春助手研究員、同 丁諾舟助手研究員)

  • 日本語【PDF:618KB】
  • 中国語(原文)は宋志勇[編]『南開日本研究 2020』(天津人民出版社、2020年)所収(pp.333-343)

[お問い合わせ]

国際交流基金(JF)
日本研究・知的交流部 アジア・大洋州チーム
電話: 03-5369-6070、ファックス : 03-5369-6041
Eメール:asiaoceania@jpf.go.jp
メールを送る際は、全角@マークを半角に変更してください

ページトップへ戻る