日本語教育通信 日本語教育ニュース 学びと出会いの場「JFにほんごeラーニング みなと」

日本語教育ニュース
このコーナーでは、国際交流基金の行う日本語教育事業の中から、海外の日本語教育関係者から関心の高いことがらについて最新情報を紹介します。

国際交流基金関西国際センター

 「日本語を学びたいけど、近くに教室がない。」「仕事や家事で忙しくて、決まった時間がとれない。」「興味はあるけど、気軽に学べないかな?」国際交流基金関西国際センターは、地理的、時間的制約によって、日本語の教室に通うことができない学習者や、これから学習を始めたいという世界中の人々に日本語を学ぶ機会を提供するため、日本語学習プラットフォーム「JFにほんごeラーニング みなと」(https://minato-jf.jp/ 以下、「みなと」)を2016年7月に公開しました。

「みなと」とは?

 オンラインコースで日本語が学べる、コミュニティで世界中の仲間と交流できる、それが「みなと」です。「また来たくなるeラーニング」をコンセプトに、この「みなと」から、それぞれが自分に合った学びの旅に出航し、また「みなと」に戻っては旅をする、「みなと」では、そんな「学び」と「出会い」の場を提供します。

  • デバイスの画像
  • eみなとのトップ画像

「みなと」は「学び」の場―自分に合ったコースが選べる

「みなと」では、さまざまな日本語オンラインコースから、自分の興味や学習スタイルに合ったコースを選ぶことができます。

●レベル
JF日本語教育スタンダードに基づくA1~C2のレベルで表示しています。自分のレベルに合ったコースを探して、学習することができます。(2016年7月現在は、A1レベルのみ開講)。
●コースタイプ
インタラクティブなeラーニング教材でマイペースに自学自習する「自習コース」、教師による課題添削やライブレッスンなどのサポートが加わる「教師サポート付きコース」があります。自分の学習ペースや学習スタイルに合わせてコースが選べます。
●学習カテゴリー
「総合」「読む」「書く」「聞く」「話す」「文法」「語彙」「かな」「漢字」「文化・社会」の学習カテゴリーの中から自分の興味、関心に合わせてコースが選べます。
●解説言語
eラーニング教材や教師の解説はコースごとにさまざまな言語で提供されます。自分に合った解説言語のコースを選んで学ぶことができます(現在は、日本語、英語のみ開講)。

 関西国際センターでは、2016年度は日本語未習者向けにA1レベル(解説言語は英語)のコースを無料で開講します。その中から、「まるごとコース」「ひらがな・カタカナコース」「アニメ・マンガの日本語コース」について、以下紹介します。

◆ まるごとコース―日本のことばと文化をまるごと学ぼう―

たなかさんの画像

「まるごとコース」(詳しくは https://www.marugoto-online.jp/info/)は、日本語と文化をまるごと学びたいという人におすすめの「みなと」のメインコースです。インタラクティブなeラーニング教材で、コミュニケーションのための日本語(聞く、話す、読む、書く)を総合的に学ぶことができます。日本語を気軽に学び、使ってみたい人向けの「かつどう自習コース」、日本語のしくみ、読み書きも含めてしっかり学びたい人向けの「かつどう・りかい自習コース」、課題添削やライブレッスンなどの教師サポートを受けながら、仲間といっしょにさらに実践力をつけたい人向けの「かつどう・りかい教師サポート付きコース」があります。パソコンだけでなく、タブレット、スマートフォンでも学習できます。

◆ ひらがな・カタカナコース―まずは日本の文字に挑戦―

あいおうえおの画像

「ひらがなコース」、「カタカナコース」は、日本語の文字に興味のある人、まずは文字からはじめたいという人におすすめのコースです。連想法を活用したインタラクティブなeラーニング教材で、ひらがな、カタカナの読み書きを自習できます。

◆ アニメ・マンガの日本語コース―キャラクターになって話そう―

Ohayooの画像

「アニメ・マンガの日本語コース」は、アニメ・マンガが大好き!という人が日本語を始めてみるのにぴったりのコースです。事前にeラーニング教材で、キャラクター表現を学んでから、ライブレッスンで好きなキャラクターになりきって、あいさつや自己紹介をしてみます。

 また、「みなと」には「JF日本語学習サイト&アプリ」のコーナーもあり、JFのさまざまな日本語学習サイト、アプリを紹介し、リンクしています。国際交流基金の海外拠点のJF講座情報にもアクセスできます。
 アプリ「Hiragana Memory Hint」で50音を覚えて、「ひらがなコース」でしっかりと読み書きも学ぶ、「アニメ・マンガの日本語コース」で興味を持ったら、サイト「アニメ・マンガの日本語」( http://anime-manga.jp/)でさらに学ぶ、まずは「まるごとコース」で学んでみて、次はJF講座の教室に通う、など、各自のニーズに合わせて、オンラインコース以外の学びも選べます。

みなとは「出会い」の場―世界中の仲間を感じる、つながる

 「みなと」は学びの場であるだけでなく、世界中の仲間を感じる、つながる「出会い」の場でもあります。

モニターの画像

◆ ライブレッスン―日本語を使ってみよう―
「みなと」の日本語コースにはライブレッスンが受けられるものもあり、教師や仲間と出会い、日本語を使ってやりとりすることができます。

コースグループの画像

◆ コースグループ―自習でも、独りじゃない―
自習というと、孤独に学習を進めるものというイメージがありますが、「みなと」の日本語コースにはグループがあり、日本語コースの参加者同士でスレッド上でやりとりすることができます。自習でも一緒に学ぶ仲間を感じながら学べます。

コミュニティの画像

◆ コミュニティ―共通の話題は日本―
「みなと」には、ユーザーが自由に立ち上げられるコミュニティがあります。日本を共通の話題として、興味関心があるカテゴリーの掲示板で仲間をみつけ、好きな話題で交流できます。

 学びと出会いの場、「みなと」。「みなと」なら自分にぴったりの「学び」が選べます。「みなと」には世界中の仲間との「出会い」があります。そして、その主役はそれぞれのユーザーです。この新しい「みなと」が、人々が行き交い、にぎわう場となるよう、関西国際センターではこれからも順次、レベル、学習カテゴリー、解説言語を充実させ、さまざまな日本語コースを提供していきます。そして、2017年度からは国際交流基金の海外拠点も運用主体となり、世界中の人々に向けた魅力的な日本語コースをどんどん展開していく予定です。

 まずは、「みなと」に訪れてみてください。ユーザー登録していなくても、トップページからさまざまなコースの情報を確認できます。興味を持ちそうな学習者やこれから日本語を始めてみたいという方がいれば、ぜひご紹介ください。お問い合わせは、「みなと」のお問い合わせフォームから、皆様からのご感想やご意見もお待ちしています。

ページトップへ戻る