日本語教育通信 日本語教育ニュース
Webサイト「アニメ・マンガの日本語」を
リニューアルしました!

日本語教育ニュース
このコーナーでは、国際交流基金の行う日本語教育事業の中から、海外の日本語教育関係者から関心の高いことがらについて最新情報を紹介します。

2020年11月
国際交流基金関西国際センター

 Webサイト「アニメ・マンガの日本語」(以下、「アニメ・マンガの日本語」)は、アニメやマンガを入り口として、楽しく日本語を学べるサイトです。アニメやマンガのキャラクターやジャンルによる日本語のバリエーションを学んだり、教科書や辞書には載っていないアニメやマンガの日本語を学んだりすることができます。2020年10月、デザインやレイアウト等を変更し、より使いやすいサイトにリニューアルしました。

https://anime-manga.jp/
※リニューアルに伴い、URLが新しくなりました。

リニューアルのポイントは、次の2点です。

  • スマートフォン・タブレットに対応
  • デザインやレイアウトを変更して、より使いやすく

トップページ

 「アニメ・マンガの日本語」は、英語、スペイン語、韓国語、中国語、フランス語の5つの言語で楽しく学習することができます。パソコン(以下、PC)・スマートフォン(以下、SP)のグローバルホームから言語を選ぶと、各言語のコンテンツトップページに移動します。

  • Webサイト「アニメ・マンガの日本語」PC版グローバルホームページ画像(英語、スペイン語、韓国語、中国語、フランス語の言語選択が可能)
    PC版グローバルホーム
  • Webサイト「アニメ・マンガの日本語」SP版グローバルホームページ画像(英語、スペイン語、韓国語、中国語、フランス語の言語選択が可能)
    SP版グローバルホーム
  • 英語で表示されたPC版コンテンツトップページ画像
    PC版コンテンツトップページ(英語)
  • 英語で表示されたSP版コンテンツトップページ画像
    SP版コンテンツトップページ(英語)

 また、サイト内の日本語は、PCSPの画面下部にある日本語表記切り替えボタンで、「漢字・かな」「かな」「ローマ字」に切り替えることができ、ユーザーにとって分かりやすい日本語表記で学習を進めることができます。

画面下部にある日本語表記切り替えボタンの画像(Written in「漢字・かな」「かな」「ローマ字」)
日本語表記切り替えボタン

各コンテンツ紹介

1.キャラクター表現 Character Expressions

 「キャラクター表現」では、アニメやマンガによく登場する8人のキャラクター(男の子、女の子、野郎、侍、おじいさん、執事、お嬢様、大阪人)の特徴的な表現(一言フレーズ、文法、呼称、発音)を学ぶことができます。
 「キャラクター表現」にある3つのコンテンツを紹介します。

キャラクター表現(Character Expressions) トップページ画像(8人のキャラクターイラストの下に、1. Character line-up 2. Character line-up 3.Quiz : Whose line?への入り口がある)
キャラクター表現 トップページ

(1)キャラクター一斉変換 Character line-up
 表現リストから知りたい表現を選ぶと、選んだ表現が8人のキャラクター表現に一斉に変換されます。音声ボタンを押すと、キャラクターの声で聞くことができます。表現リストは画面の右側に配置し、選びやすくしました。また、各キャラクターの世界観がより伝わるように、背景を付けました。

「キャラクター一斉変換ページ画像(キャラクターイラストとともに、キャラクターに合わせた表現「おはよう。」「おはよっ!」「よおっ、オッス」などを表示)
キャラクター一斉変換

(2)キャラクター別解説 Character dictionary
 8人のキャラクターの中から、好きなキャラクターを選んで「一言フレーズ」「文法」「呼称」「発音」など、そのキャラクターならではの表現の特徴を学ぶことができます。表現について、解説言語と日本語で解説や例文を読んだり、キャラクターの音声を聞いたりすることができます。

キャラクター別解説ページ画像(女の子のキャラクターの表現とその解説、英訳、イメージイラスト、音声ボタンなどを表示)
キャラクター別解説

(3)クイズ:誰のセリフ? Quiz : Whose line?
 「キャラクター別解説」で学習した表現を、楽しく復習することができます。出題される表現が、どのキャラクターのセリフなのかクイズに答えます。解答すると、正解か不正解かの結果と正解のキャラクターの声で誰のセリフかを確認することができます。
  • クイズ:誰のセリフ? 出題画面画像(「そろそろご夕食を。」のセリフの下に8人のキャラクターイラストが選択肢として表示されている)
    クイズ:誰のセリフ? 出題画面(SP版)
  • クイズ:誰のセリフ? 結果画面画像(「Correct」の文字とともに執事のイラストと音声ボタンが表示される)
    クイズ:誰のセリフ? 結果画面(SP版)

2.ジャンル表現 Genre Expressions

 海外で人気がある4つのジャンル(学校、恋愛、侍、忍者)に特徴的な表現や用語、漢字が学習できます。

 「ジャンル表現」にある3つのコンテンツを紹介します。

(1)場面別表現 Expressions by Scene
 各ジャンルの典型的なストーリー展開に沿った書き下ろしマンガで、場面別によく現れる一言フレーズやオノマトペ(擬音語・擬態語)、文化情報を学べます。マンガとしてストーリーを楽しむこともできますし、セリフやオノマトペの意味や音声を確認しながら読むこともできます。PCではマンガの中のセリフやオノマトペをクリックする、SPでは解説ボタンをタップすると、訳や音声、文化情報が確認できる画面に変わります。確認できる部分に色が付き、色がついた部分をタップすると、訳と説明が画面の下部に表示され、音声が再生されます。また、文化情報ボタンから、各場面に関係する文化的な背景知識を知ることもできます。
 また、SPではマンガを手動で拡大することができ、文字などを見やすくすることができます。

SP版の場面別(学校)マンガ画面。画面右下に「解説ボタン」があり、それをクリックすることで、セリフに色が着き、音声ボタンが表示される。セリフ横の「文化情報」ボタンを押すと、文化情報が表示される。
場面別表現(学校)マンガ(SP版)

 また、各ジャンルのマンガで学んだオノマトペが理解できているか確認するクイズもあります。解答後には、マンガのコマ画と解説が現れるので、オノマトペの復習をすることができます。

(2)用語クイズ Word Quiz
 各ジャンルのアニメやマンガによく登場する用語を初級、中級、上級のレベル別クイズで学習することができます。
 1問ずつ答えていくクイズで、学びの過程を画面上部に表示されるゲージで確認しながら、学習することができるようになりました。また、結果画面では、マンガのコマ画付き解説、音声付きの例文で、その用語の使い方を確認することができます。
  • 用語クイズ(恋愛) 出題画面画像(「一目ぼれ」の言葉の下に、意味を問う3択が表示される。画面上部にハートの数でゲージが表されている)
    用語クイズ(恋愛) 出題画面(PC版)
  • 用語クイズ(恋愛) 解説画面画像(「一目ぼれ」を使ったシーンのマンガイラスト、音声付きの例文、解説が表示されている)
    用語クイズ(恋愛) 解説画面(PC版)
(3)漢字ゲーム Kanji Game
 各ジャンルによく現れる漢字の意味や読みを初級、中上級のレベル別ゲームで学べます。意味や読みを楽しく学んでもらうために、複数の形式のクイズを用意しています。また、早く問題に正解するとポイントを獲得することができます。1回20問のゲームで、画面上部にあるゲージの「合格点」に達すると、ご褒美アイテムをダウンロードすることができます。各ジャンルの世界観を反映したご褒美アイテムを用意したので、ぜひ手に入れて楽しんでみてください。

漢字ゲーム 出題画面画像(忍者をイメージした画面に「空」の漢字と、意味を問う3択が表示されている)
漢字ゲーム(忍者) 出題画面(PC版)

おわりに

 「アニメ・マンガの日本語」の大きな特徴は、自身の興味・関心やレベルに応じて、学習する内容や方法を選びながら、自分のペースで学習を進められることです。
 日本のアニメやマンガが好きで、日本語の学習に興味を持ち始めた人には、アニメやマンガの日本語に気軽に触れられる場として、「アニメ・マンガの日本語」をぜひ使ってみてほしいと考えています。そして、このサイトでの学びを通して、さらに日本語を学んでみようと思ってくれると、うれしいです。
 現在日本語を学習していて、日本のアニメやマンガが好きな人には、教科書や辞書には載っていない日本語の表現、語彙、漢字を学び、好きなマンガやアニメをより楽しんでほしいと考えています。また、アニメやマンガに出てくる日本語を知ることが、日本語のバリエーションへの理解や、多様な相手や場面に応じた自然な日本語コミュニケーションの助けになると期待しています。

 「アニメ・マンガの日本語」に対するお問い合わせは、「アニメ・マンガの日本語 お問い合わせ」ページからお願いします。みなさまからのご意見やご感想もお待ちしております。

(北口 信幸/関西国際センター日本語教育専門員)

ページトップへ戻る