変貌する社会の新世代
シンガポール現代美術2人展
The New Generation in Contemporary Singaporean Art

展覧会

シンガポール現代美術2人展のチラシ画像

シンガポール出身の若手アーティスト2名を日本の観客に紹介した展覧会。「人の生命と自然との連続し循環する間柄を追求し、究極的には、人の生と死を照らし出そうとする」ベート・ヨック・クァンと、「うねるような描線の網の目に限りなき生のエネルギーを託して、人間の日常のありのままの姿を浮き彫りにする」リム・ポー・テックの2名による作品が展示されました(「 」内は中村英樹によるカタログ文より)。

データ
会期・会場
(東京)
1990年12月13日~26日
国際交流基金アセアン文化センター・ギャラリー
キュレーター 中村英樹(美術評論家)
アーティスト ベート・ヨック・クァン、リム・ポー・テック
主催 国際交流基金アセアン文化センター
関連プログラム アーティスト・トーク:「シンガポール現代美術の周辺」
1990年12月8日 / 国際交流基金アセアン文化センター・ギャラリー / 出席=ベート・ヨック・クァン、リム・ポー・テック、榎倉康二 / 司会=中村英樹

パンフレット

シンガポール現代美術2人展─変貌する社会の新世代
Shingaporu gendaibijutsu 2ninten—Hembousuru shakai no shinsedai
国際交流基金アセアン文化センター [編]
Edited by The Japan Foundation ASEAN Culture Center

  • 出版地:出版者
    東京:国際交流基金アセアン文化センター
  • 発行年
    1990年
  • ページ数
    8p
  • サイズ
    30cm
  • 言語
    日本語 (jpn)、英語 (eng)

【目次】

p1 したたかな人間観の表れ
中村英樹
p2 シンガポールにおける現代絵画の状況
ベート・ヨック・クァン
p3 カタログ

【PDF】

シンガポール現代美術2人展─変貌する社会の新世代

ページトップへ戻る