国際交流基金設立30周年記念事業
国際シンポジウム2002

流動するアジア─表象とアイデンティティ
The Japan Foundation 30th Anniversary
International Symposium 2002

Asia in Transition: Representation and Identity

シンポジウム

国際シンポジウム2002「流動するアジア―表象とアイデンティティ」のパンフレット画像

1994年の第1回から数えてアジアセンターが主催する美術に関する4回目の国際シンポジウムで、21世紀に入り初めての開催。西洋との対比によってアジアを成立させる思考から抜け出し、アジアに住む人々が自ら「アジア人」として主体的にアイデンティティを構築する可能性はあるのか、という問いを出発点に「アジアとは何か」を議論しました。美術に限らず舞台芸術や映画研究、さらに思想、歴史学、社会学やカルチュラル・スタディーズの第一線で活躍する専門家をパネリストとして迎え、さまざまな角度からアプローチを試みました。

データ
開催日時
2002年 12月13日 17時~20時30分
12月14日 10時30分~19時
会場(東京) 国際交流基金国際会議場
主催 国際交流基金アジアセンター
注記 国際交流基金設立30周年記念事業
リンク 国際交流基金ウェブサイトアーカイブページ

【プログラム】

第1日目 2002年12月13日

17時~17時05分 主催者挨拶
17時05分~17時35分 基調講演アジア:対─形象化による同一化
酒井直樹(コーネル大学アジア学部教授)
17時35分~20時30分 セッション Ⅰアジア概念と近代
(17時35分~17時40分) セッション Ⅰ を始めるにあたって
司会 水沢勉(神奈川県立近代美術館専門学芸員)
(17時40分~19時10分) 発表 1. 岡倉天心のアジア観 『東洋の理想』の位置
小泉晋弥(茨城大学教育学部教授、五浦美術文化研究所所長)
2. アジア想像:その系譜的分析
汪暉|ワン・フイ(精華大学教授、中国社会科学院文学研究所研究員)
3. インドネシアの「アジア」
グナワン・モハマド(「テンポ」誌論説委員)
(19時10分~20時30分) 討論(質疑応答を含む)

第2日目 2002年12月14日

10時30分~13時 セッションⅡ展示されるアジア / 展示されないアジア
(10時30分~10時35分) セッション Ⅱ を始めるにあたって
司会 吉見俊哉(東京大学社会情報研究所教授)
(10時35分~12時05分) 発表 1. グローバリズムと制度的虚栄
李龍雨|イ・ヨンウー(ニューヨーク・センター・フォー・メディア・アーツ ディレクター)
2. トロイの木馬? 国際展におけるマルチカルチュラリズム
建畠晢(多摩美術大学教授)
3. 文化の規則:展示と知の政治学
トニー・ベネット(オープン大学社会科学学部教授)
(12時05分~13時) 討論(質疑応答を含む)
14時~16時30分 セッション Ⅲ表象されるアジア / 表象されないアジア
(14時~14時05分) セッション Ⅲ を始めるにあたって
司会 吉見俊哉
(14時05分~15時35分) 発表 1. アートとズボン
デーヴィッド・エリオット(森美術館館長)
2. パフォーマンスにおけるインド
アンモル・ヴェラニ(インド芸術文化財団理事長)
3. 張藝謀(チャン・イーモウ)の『あの子を探して』─ある移動の寓話
周蕾|レイ・チョウ(ブラウン大学近代文化・メディア学部 / 比較文学部教授)
(15時35分~16時30分) 討論(質疑応答を含む)
16時50分~19時 セッション Ⅳ 全体討論アジアとは何か─流動する文化
司会 酒井直樹

報告書

国際交流基金設立30周年記念事業
国際シンポジウム2002「流動するアジア─表象とアイデンティティ」報告書

Kokusai Koryu Kikin setsuritsu 30shunen kinen jigyo: Kokusai shimpojiumu 2002 “Ryudo suru ajia —hyosho to aidentiti” hokokusho
古市保子|フルイチ ヤスコ [編]
Edited by Furuichi Yasuko

  • 出版地:出版者
    東京:国際交流基金アジアセンター
  • 発行年
    2003年
  • ページ数
    464p
  • サイズ
    21cm
  • 言語
    日本語 (jpn)、英語 (eng)
  • NCID
    BA61448046
  • リンク

【目次】

p2 はじめに
国際交流基金アジアセンター
p12 プログラム
p19 基調講演アジア:対─形象化による同一化
酒井直樹
p31 セッション Ⅰアジア概念と近代
p32 セッション Ⅰ を始めるにあたって
水沢勉
p35 発表1. 岡倉天心のアジア観 『東洋の理想』の位置
小泉晋弥
p41 発表2. アジア想像:その系譜的分析
汪暉|ワン・フイ
p59 発表3. インドネシアの「アジア」
グナワン・モハマド
p69 討論
p83 セッションⅡ展示されるアジア / 展示されないアジア
p84 セッションⅡを始めるにあたって
吉見俊哉
p88 発表1. グローバリズムとその制度的虚栄
李龍雨|イ・ヨンウー
p105 発表2. トロイの木馬? 国際展におけるマルチカルチュラリズム
建畠晢
p113 発表3. 文化の規則:展示と知の政治学
トニー・ベネット
p124 討論
p141 セッション Ⅲ表象されるアジア / 表象されないアジア
p142 発表1. アートとズボン
デーヴィッド・エリオット
p153 発表2. パフォーマンスにおけるインド
アンモル・ヴェラニ
p164 発表3. 張藝謀(チャン・イーモウ)の『あの子を探して』─ある移動の寓話
周蕾|レイ・チョウ
p176 討論
p189 セッション Ⅳ 全体討論アジアとは何か:流動する文化
p221 Keynote SpeechAsia: Co-figurative Identification
Sakai Naoki
p233 Session ⅠThe Idea of Asia and Modernity
p234 Opening Comment for Session Ⅰ
Mizusawa Tsutomu
p237 Presentation 1Tenshin (Okakura Kakuzo)'s View of Asia and the Position of The Ideals of the East
Koizumi Shinya
p245 Presentation 2Imagining Asia: A Genealogical Analysis
Wang Hui
p264 Presentation 3Indonesia's ‘Asia’
Goenawan Mohamad
p273 Discussion
p287 Session ⅡAsia that is Exhibited / Asia that is not Exhibited
p288 Opening Comment for Session Ⅱ
Yoshimi Shunya
p292 Presentation 1Globalism and the Vanity of its System
Lee Yong Woo
p309 Presentation 2A Trojan Horse?: Multiculturalism in International Art Exhibitions
Tatehata Akira
p317 Presentation 3The Rules of Culture: Exhibition and the Politics of Knowledge
Tony Bennett
p328 Discussion
p343 Session ⅢAsia that is Represented / Asia that is not Represented
p344 Presentation 1Art and Trousers
David Elliott
p355 Presentation 2India in Performance
Anmol Vellani
p366 Presentation 3Zhang Yimou's Not One Less: The Fable of a Migration
Rey Chow
p378 Discussion
p389 Session ⅣPlenary Session: What is Asia?—Transforming Cultures
p419 シンポジウムを終えてパネリスト・コメント
p432 Panelists' Comments
p445 パネリスト・プロフィール
p450 Panelists' Profiles
p455 国際交流基金アジアセンター主催美術事業一覧
p458 The Japan Foundation Asia Center Visual Arts Programs

【PDF】

国際交流基金設立30周年記念事業
国際シンポジウム2002「流動するアジア─表象とアイデンティティ」報告書

ページトップへ戻る