現代の東南アジア美術─それぞれの視点 15 Tracks: Contemporary Southeast Asian Art

展覧会

現代の東南アジア美術:それぞれの視点のチラシ画像

2002年からヨーロッパ4都市で開催されたシンガポール美術館企画の「36の思考─現代東南アジアの美術」展を日本向けに再構成したもの。出品作家36名をASEAN10カ国(ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)の15名へと絞り込み東京と福岡で紹介しました。作家のキャリアや表現形態などバラエティに富んだ計34点を一堂に会することで、東南アジアにおける現代美術の多様性や異種混合性を提示しました。

データ
会期・会場
(東京)
2003年7月11日~9月7日
多摩美術大学美術館
(福岡) 2003年12月18日~2004年3月7日
福岡アジア美術館
企画 ジョアンナ・リー(シンガポール美術館シニア・キュレーター)
アーティスト オスマン・ビン・バキル、フィ・チャン・タン、アポティック・コミック・グループ、クリシュナ・ムルティ、カムスック・ケオミンムアン、ハヤティ・モクター、クムブ・アナク・カトゥ、イェイ・ミン、ホセ・レガスピ、サウディ・アーマド、ヒーメン・チョン、ジャカパン・ヴィラシニークン、プラソン・ルームアン、ディン・ティ・タン・プーン、ハー・トリ・ヒュー
主催 (東京)
多摩美術大学、国際交流基金、シンガポール美術館
(福岡)
福岡アジア美術館、西日本新聞社、テレビ西日本、国際交流基金、シンガポール美術館
共催 ASEAN情報文化委員会(ASEAN COCI
後援 外務省
関連プログラム 講演会:「東南アジア美術の新しい流れ」
2003年7月11日 / 多摩美術大学美術館 / 講師= ジョアンナ・リー
注記 日本ASEAN交流年2003記念事業
リンク 国際交流基金ウェブサイトアーカイブページ

カタログ

現代の東南アジア美術:それぞれの視点のカタログ表紙画像

現代の東南アジア美術─それぞれの視点
Gendai no Tonan Ajia bijutsu—Sorezore no shiten
シンガポール美術館|シンガポール ビジュツカン [編]
Edited by Singapore Art Museum

  • 出版地:出版者
    シンガポール:シンガポール美術館
  • 発行年
    2003年
  • ページ数
    112p
  • サイズ
    22cm
  • 言語
    日本語 (jpn)、英語 (eng)
  • ISBN
    9810491611
  • NCID
    BA64898694
  • リンク

【目次】

p6 Foreword
p7 ごあいさつ
シンガポール美術館、国際交流基金、多摩美術大学美術館、福岡アジア美術館
p11 本展企画にあたって
ジョアンナ・リー
p16 作家
文= チェ・キョンファ、パトリック・D・フローレス、エイリーン・クー、ジョアンナ・リー、デヴィ・マリアント、ニランジャン・ラジャ、ハップ・トゥーイ、ロー・ジィー・ウィー
p96 作家略歴 / Artists' Biographies
p106 出品作品リスト / List of Exhibits

ページトップへ戻る