海外の日本語学習者を対象とした研修

専門日本語研修、日本語学習者訪日研修

関西国際センターでは、専門家への日本語教育支援や、海外の日本語学習の継続を奨励するため、次のような研修を実施しています。研修は2週間から8カ月の期間で、毎年80カ国を超える国や地域から約450名の日本語学習者が参加しています。

経済連携協定(EPA)に基づくインドネシア人・フィリピン人看護師・介護福祉士候補者に対する日本語予備教育事業

国際交流基金は、看護師・介護福祉士候補者として来日するインドネシア人・フィリピン人を対象に、ジャカルタ及びマニラで日本語及び日本社会文化研修を実施しています。

ページトップへ戻る