利用案内

  • JFICライブラリー内の写真1
  • JFICライブラリー内の写真2

利用案内概要

資料の探し方 ライブラリーで所蔵する資料は蔵書検索(OPAC)から検索できます。
資料は1階の閲覧スペースと地下の閉架書庫・貴重書書庫に所蔵しています。
また一部の資料は外部倉庫に保管しています。
映像資料、マイクロ資料ならびに閉架書庫・貴重書書庫にある図書・雑誌の閲覧を希望する方は、所定の用紙に記入してスタッフへお渡しください。
外部倉庫にある資料は取り寄せに約2、3日かかります。事前にEメールか電話でご依頼くだされば来館時にご利用いただけます。
図書の貸出 日本に住んでいる18歳以上の方は図書の貸出ができます。ただし外国籍の方は登録日より2カ月以上日本に滞在することが貸出の条件となります。利用者登録手続が必要となりますので、現住所の記載がある身分証明書(運転免許証、保険証など)をご持参ください。
  • 貸出期間:2週間
  • 貸出延長:1回のみ可能(延長をした日より2週間延長)
  • ただし、既に延滞中の場合、および、延長したい資料に予約が入っている場合は延長できません。
  • 貸出冊数:10冊まで
  • このうち、日本語国際センター図書館および関西国際センター図書館の所蔵資料は、それぞれ5冊まで。

* 参考書、雑誌、映像資料、貴重本、KBS報告書、JF関連記事クリッピング、日本語パートナーズ報告書などは貸出ができません。

郵送貸出 対象者:国際交流基金ライブラリーの利用登録者
(有効なライブラリーカードを持つ日本国内在住の方)
対象資料:国際交流基金ライブラリーまたは日本語国際センター図書館所蔵資料で
貸出が可能なもの
(梱包ができない大型本等や、他の図書館から取り寄せた資料は対象外)
貸出期間:2週間(往復の配送期間を含む)
貸出延長:1回のみ可能(延長をした日より2週間延長)
ただし、既に延滞中の場合、および、延長したい資料に予約が入っている
場合は延長できません。
貸出冊数:10冊まで
送料:往復ともにご利用者負担
<郵送貸出の流れ>
  1. 【1】下記記載のメールアドレスに、1) 氏名、2) 利用者カード番号、3) 借りたい図書のタイトル、4) 配達希望日時をお知らせください。
  2. 【2】発送の準備が整いましたら、メールにてご連絡いたします(何らかの理由で郵送貸出が承れない場合も連絡いたします)。
  3. 【3】原則として「ゆうパックの着払い」にてお送りします。
    ※ 発送後のキャンセルは承れません。
    ※ 配達時にお受け取りになれなかった場合は、ご自身で郵便局へお問い合わせの上、お受け取りください。保管期間経過後は、図書館へ返送され、この際生じた料金は、ご利用者にご負担いただくことになりますので、くれぐれもご注意ください。
  4. 【4】返却期日までに、宅配便やゆうパックなど荷物の追跡が可能な手段で、元払い(利用者様の料金ご負担)にてご返送ください。
    返送先:
    〒160-0004 東京都新宿区四谷1-6-4 四谷クルーセ1階
    国際交流基金ライブラリー
    電話:03-5369-6086
  5. 【5】返却図書を受け取りましたら、受領確認メールを差し上げます。受領の確認ができるまで宛名ラベルの控えを保管してください。
コピー 白黒 1枚10円 / カラー 1枚50円
レファレンスサービス ライブラリー所蔵資料に関する問い合わせや、外国語による日本の情報や国際文化交流に関するご質問は、スタッフまでご相談ください。
ご質問はEメールや電話でも受け付けています。
資料の撮影・掲載・放映などについて 貴重書等ライブラリー所蔵資料の撮影および掲載・放映を希望する場合は、事前に申請が必要となります。詳しくはライブラリーまでご相談ください。
「国立国会図書館デジタルコレクション」の利用 国立国会図書館のデジタル化資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な資料がライブラリー内にある所定のパソコンで閲覧ができ、申請を行えば印刷することもできます。
詳細は、「国立国会図書館デジタルコレクション」の利用についてをご覧ください。

[お問い合わせ]

独立行政法人国際交流基金(JF)
ライブラリー
電話: 03-5369-6086 ファックス: 03-5369-6044
Eメール:Lib@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る