文芸対話プロジェクト“YOMU

特別インタビューを受けるカニシカ・グプタ氏とインタビュアーの写真

令和3年度に「アジア文芸プロジェクト“YOMU”」として開始した本事業は、アジア7か国の若手・中堅作家による短篇小説・エッセイを多言語で発信してきました。コロナ禍をテーマに書き下ろされた27作品とあわせて、アジアの文芸シーンの現在(いま)を紹介するコンテンツも紹介しています。詳細は以下をご覧ください。

これらの取り組みを土台とし、多様な文化や価値観の理解促進とネットワークの形成・拡大を目指して、日本と世界の文芸関係者による対話の場を創造していきます。

【2022年度】
文芸対話プロジェクト“YOMU” × 文喫 六本木

文芸対話プロジェクト“YOMU” × 京都文学レジデンシー実行委員会

[お問い合わせ]

国際交流基金 国際対話部
企画開発チーム
電話:03-5369-6025 ファックス:03-5369-6043
(メールを送る際は、全角@マークを半角に変更してください。)

What We Do事業内容を知る