More than Worth Sharing

国際交流基金(JF)は、2012年から2017年にかけて、海外における日本の図書の翻訳出版を支援する事業の一環として、翻訳推薦著作リストWorth Sharing―A Selection of Japanese Books Recommended for Translationを発行しました。このリストで紹介した計100作品は、現代日本社会の等身大の姿を伝える優れた著作であり、多数の作品がすでに翻訳され、海外の読者に親しまれています。今回は、本リストで紹介されているうち5つの作品について、オンラインでお楽しみいただけるイベントを開催します。

翻訳家座談会シリーズ

現代日本文学の作品は海外の読者にどのように受け入れられているのでしょうか?また、文学作品の翻訳にはどのような苦労や面白さがあるのでしょうか?本座談会では、普段スポットライトがあまり当たらない「翻訳家」のお仕事に焦点を当て、これらのトピックについて考えます。同じ作品の翻訳を手掛けた「同志」でありながら、一堂に会することの少なかった世界各国の翻訳家たちが、共通言語の日本語で語り合います。翻訳される言語によって、そして翻訳家の手によって、同じ作品がどのように新しい命を吹き込まれるのか。原書の味わいはいかにして外国の読者に伝えられていくのか。究極の共同制作と言われる「翻訳」の醍醐味について一緒に考えてみませんか?

[お問い合わせ]

国際交流基金(JF)
文化事業部企画調整チーム
電話:03-5369-6060

ページトップへ戻る