次世代日本研究者協働研究ワークショップ

次世代日本研究者協働研究ワークショップの様子の写真

ワークショップの趣旨

“ネットワークを構築し、協働研究を実践する力を養う”

このワークショップは、次世代の日本研究を担う若手研究者が将来国際的・学際的な研究者として活躍できるよう、国際的・学際的な協働研究に必要な基礎力を養うプログラムです。
このプログラムは、最終日に行われる模擬パネル発表を最終課題としており、研究者として身に付けておくべき基礎知識についての講義や、分野・地域を超えたネットワーキングの重要性について考えるワーク等、様々なセッションから構成されています。参加者はワークショップを通して、自身の研究と他分野とのつながり、社会とのつながりを考え、視野を広げるだけでなく、研究を深めることも求められます。各国・地域から集まった優秀な参加者とのネットワークに加え、ワークショップでレクチャーを担当する一流の研究者、そして同じように研究を行う仲間である、日本の大学院生とのネットワークも積極的に構築し、協働研究を実践する力を養うことも、このワークショップの目的の一つです。

これまでの開催実績

詳細については下のリンク先をご参照ください。

関連実績

2020年9月
ワークショップの参加者が国際学会でパネル発表を行いました。

[お問い合わせ]

国際交流基金(JF
日本研究部 事業第1チーム
電話:03-5369-6070
Eメール:asiaoceania@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角に変更してください。)

ページトップへ戻る